対策を練り還付金詐欺に合わないよう注意

最近、お年寄りなどを狙った還付金詐欺が多くありますが、実は昔からあるんです。還付金詐欺には2種類あり、主に業者が使う手口と一般市民を狙った手口があります。

業者が使う手口としては、輸出入に伴い消費税などの税金を調整する制度(輸出免税制度等)を悪用し、国に対し虚偽の申告を行い不正に還付金を受取詐欺です。私たちからの税金を騙し取っているので、国民から集めた税金からの還付なのでなんか悔しいですね。その為にも、国税庁はしっかり頑張っていただきたいものです。

もう一つの一般市民を狙った手口は、公的機関の職員を名乗り電話や文書を自宅に送付したりして接触してきます。「医療費や保険料、税金などの払い戻しがあります。」や「あなたの世帯に臨時還付金の対象となっています。」などいかにもお金が戻ってくる、もらえるよな口調で言ってきます。

手口の流れとして、「社会保険事務局総務課○○と申します。医療費の払い戻しが●●円あります」「こちらに関しては期限が過ぎているので早めの手続きが必要になります。」一旦切り相手からの電話を待ちかかってきたら「今はATMからあなたの口座へ還付金を振込できます」言われます。

操作方法は電話で教えますので、カードを持ってATMへと誘導します。そして、残高照会を押させ、数字を右から読むように言われ残高を伝えてしまいます。次に「今から振込手続きに入りますので、取扱番号は○○です」などといい、振込できる範囲最大限で金額を言い振り込ませるそうです。

そうです、取扱番号が振り込ませつ金額なのです。冷静に考えると振込はこちらがするものだが、巧妙な操作の仕方と口調などで考える余裕を持たせず言われるがままにしてしまう人が多いそうです。

こういった詐欺に遭わないよう携帯電話を使用してのATMの操作をしないように銀行側で対策したり、職員を立たせるなどの対策をしてますが、高齢者などまだまだ騙されてしまっているようです。

最近ニュースで見た人も多いと思いますが、日本年金機構で情報の漏洩があった時にも、すぐに便乗し「情報が漏れていないか確認するために手帳や印鑑を預かります」や「キャッシュカードのパスワードを確認させて下さい」と聞き出したりした詐欺も発生しています。

大手企業で大規模な個人情報の漏洩事件が発生すると便乗し、「お詫びでお金を振込ます」のでなどといいATMに誘導したりする詐欺も増加するそうです。決して、公的機関から「戻ってきますよ」なんて電話はきません。また文章が来てもATMなど役所以外で手続きしてもらえるなんて決してありませんのでご注意ください。

沢山の詐欺がありますが、高齢者を狙った犯罪は本当に許せないですよね。他人事ではなく知らない人でもおかしい行動しているなと思ったら声をかけるなどしてみんなの目で見守る事も大事な対策かもしれませんね。


Copyright © 2017 FreeOkAne All Rights Reserved.