振り込め詐欺救済法が出来ても撃退不可能

振り込め詐欺の手口として一番多いのは電話を使って接触してきます。昔は、「オレオレ詐欺」と言って子供や孫を装ってお金を振り込ました詐欺が沢山ありましたが、今は相手も騙されないと対策している事もあり、警察や銀行員、弁護士を装った手口もあり巧妙化してきているそうです。

一般的には、孫や子供を装い「会社のお金を横領してしまって、早く返さないと首になってしまう」や「交際相手を妊娠させてしまった」、「交通事故を起こしまい、示談金が必要だ」など緊迫し切羽詰まった状況で相手を動揺させる口調で言ってくるそうです。また、「電話番号が変わっているから登録しなおしておいて」や「風邪をひいて声が変なんだ」だとと実際の本人とコンタクトを取らせないようにしてくるそうです。

警察や銀行員を装った手口は、「あなたの口座が振り込め詐欺に使用されており、このままだと口座凍結になってしまいますので、凍結しないように手続きが必要ですので通帳、印鑑、キャッシュカードを預かります」などと言い騙す手口もあります。

銀行に行く時間がないからといい、現金を直接取りに行ったり、郵便で現金を送付させる手口もあります。こんな感じで振り込ますだけが振込詐欺ではなくなってきています。

一度引っかかってしますと「ここはカモになる」と情報がまわり二重三重とひかかってしまう人もいるそうです。人を信用する心理の悪用で本当に許せないですよね。

詐欺グループはあの手この手で接触してくるので、「私は大丈夫」と思っていてもひかかってしまっているのも実際あります。相手は騙す為にいかに信用させるか色々な手口できます。

電話などでお金関係の話が出たら一度疑う事が大切です。いくら誰にも言わないでと言われても必ず誰かに相談するほうがいいですね。これが本当の子供、孫などであっても「振込詐欺が多いから確認してみた」などといえば怒る事はないでしょう。

昔は一つ屋根の下で3世代住んでいる事も多く毎日子供や孫と接していましたが、核家族が増えてきている現在は接する機会もないの、少しは要因があると考えられますね。

対策の一つとして、離れてる家族や子供、孫など定期的に連絡を取り合ったりする事で、相手が本当の子供、孫なのか区別する判断ができると思います。交流で持つ事でいおじぃちゃん、おばぁちゃん、親が被害に遭う事を防げるかもしれませんね。


Copyright © 2017 FreeOkAne All Rights Reserved.