被害件数が増加しているフィッシング詐欺

フィッシング詐欺とあまり聞かないですが、ネット社会になってきた今この被害に遭う人が増えてきています。パソコンを中心の詐欺でしたがスマホの普及で詐欺に遭う人も増えています。

主にネットユーザーからユーザー名、パスワード、クレジットカード情報と経済的に価値のある情報を奪うために行われている詐欺です。悪徳業者が有名な企業を名乗ったり、会員制WEBサイトを装いメールでURLを送ってきたり、嘘のWEBサイトに誘導して行われます。

届いたURLやWEBサイトを見ると本物に良く似ていて見分けがつかないものが多いようです。そして、「有効期限が迫っていますので、変更をお願いします」や「サイトリニューアルの為、登録内容の再入力をお願いします」など更新を斡旋するような文言が書かれています。

本物のサイトと勘違いし信用し、入力するとその時点で情報が流れ盗まれてしまいます。漏れてしまった情報で架空請求が来たり、情報が売買されたり、口座がバレた人は現金が引き出されたり、成り済ましなどに使われたと被害が多重になることもあるそうです。

最近では、手口が巧妙になってウイルス対策を装ったフィッシング詐欺も増えてきているようです。ネットバンキングを利用している人も多いので金融機関を名乗りメールを送付し、セキュリティ強化の為など言い、暗証番号を再入力させるという手口のようです。

あなたのアカウントを不正に入手し、なりすまして友人などまで詐欺をしようという手口もあるそうです。このフィッシング詐欺は自分だけでなく被害が二重三重と広がる可能性が高いのでとても危険です。

ほとんどが本物と似たようなサイト表示なので気付かずアクセスしてします人が多いようです。どうやって対策すればいいでしょう。内容の分からないメールに添付されたリンクにはむやみにアクセスしないことです。

個人情報の入力を催促するような内容であれば一度画面を閉じ、いつも自分が利用しているところからサイトに行くのが良いでしょう。スマホなら画面にアプリを登録していると思うのでそこからアクセスし、ネットなら検索しそのサイトに行くことです。

そうする事で本物かどうか確認できます。また、推測されにくいパスワードにし自ら定期的に更新するのが良いですね。そうする事で変更してなどのメールがきても自分のタイミングで行っているのでその場で変更しなくてよくなり対策にはなります。

いつの間にか詐欺に遭ってる可能性もあるのでネットバンキングやクレジットカードを利用している人はこまめに履歴を確認し身に覚えのない取引がないか確かめるといいですね。

自分は大丈夫と過信するのは危ないので、もしかしたらを考えてネットやメールなど利用するよう心がけたいですね。


Copyright © 2017 FreeOkAne All Rights Reserved.